忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あけましておめでとうございます

何とか松の内にご挨拶できました
本年も更新トロとろですが(言い切った!)
よろしくお願い致しますm(_ _)m


昨年末に↓で壊れそう言ってたノートPCが逝きまして
年賀状書くのにいきなり困り,新調することになりました
下準備なしで電気店行って即決です
(どれ買っても7年モノPCより性能良いに決まってるしw

モチロンwin7搭載

のお陰で期せずしてPCと運命を共にすることになった(滂沱
プリンターやPowerPoint一太郎ソフトをひっくるめてPCの店頭表示価格<広告の品大特価>に値切り倒してです
我ながら潔さっぷりに惚れ惚れしますた(自棄笑


いざ年賀状描こうとしたらペンタブのドライバがまだwin7対応してなくて
(これは8年モノ・涙)
仕方なく久々にマウスだけで描いて仕上げました
トラがクマにしか見えない出来でした(最新PCが意味なしorz


そしてパスワードは思いついたものを鋭意入力中です
かつての自分になりきって・・・ネタが尽きる前に当たるといいな(ヲイ


何となく短い気もするケド推敲が終わったトコでうp。




***


『My Little Lover 3』




「二人がこの姿になったのは昨日のことでね。
 一晩経ってみてもこのままなんで,≪保護者≫に来て頂いたってわけなんですよ。
 リノアの保護者はすぐには来られないだろうし,とりあえず,司令官が保護者代理ってことでね」


一晩で順応しきったらしいトゥナが,一同に席を勧めながら話を進める。


「そもそも,何でその姿になったん?」
「それがわからないから困ってるのよ」


セルフィの問いに,ラグナの隣に腰掛けたエルオーネが応じる。
二人とも既に何事もなかったかのように,山と盛られたクッキーに手を伸ばしていた。


「このところ,二人で別室に籠もって資料を作ってたの」
「資料って,週末の一般公開用のだったか?」
「うん」


スコールの膝の上に腰掛け,それでも座高が足りないリノアは,同じく精一杯手を伸ばした挙げ句に哀しそうな表情を浮かべる。
スコールに取って貰い,ついでに開封して貰ってようやく,以前なら指先で摘めるサイズの,今は片手の大きさ程もあるクッキーを嬉しそうに食べ出した。


「研究してたワケじゃなくて,パネルを作ってただけなのよね」
「そうそう。それで急に眠くなったのは覚えているんだけど」
「その前に何の話をしてたのか,思い出せないのよ」


子供って,食欲旺盛なのか?

ゼルが未だ固まっているウチに,クッキーの山は半分が崩されていた。


「話って…,エルオーネの力が働いたんじゃないのか?」
「私の力が働いている人は眠ってしまうけど。私が眠くなるわけじゃない
 …じゃなかったのよ,今まではね」
「先に起きたのがリノアでね。
 悲鳴で駆けつけた職員全員で,思いつく限りの方法は試してみたんだけどねぇ。
 とりあえず着ていた服は大きくて合わないからって,子供のいる職員が服を持ち寄ったんだけど」
「私はともかく,リノアは着せ替え人形にされちゃって…ね」


いつも使っているマグカップも当然持ち上げられなかったので,服同様借り物の,お子様用カップを手にしている。
スコールの膝の上にちょこんと腰掛け,両手でカップを持っている様は,このまま≪お持ち帰り≫したいくらいの愛らしさで。


「カーウェイ大統領が親バカなるのもわかるわ~」
「?」


アリスブルーのリボンに彩られたツインテールを揺らして,小首を傾げる。

やべぇ… マジで可愛い…

瞬間,対面から凄まじい殺気を感じて,ゼルは冷や汗を掻きながら居ずまいを正した。
意識を逸らそうと,クッキーに手を伸ばす。


「おい,もう残ってねぇじゃねぇか!オレまだ一枚も食ってねぇのに!!」
「そうなの?じゃあコレあげる~」
「え」


殺気が放たれているのと同じ方向から差し出された,小さな手。その上にちんまりと乗っているクッキー。


「いや…,子供(ガキ)からおやつ取り上げるみたいで,それもなんか」
「子供(ガキ)じゃないもんっ!!」
「誰が,どっからどう見ても子供(ガキ)だろがっ!」
「違うもんっ!ねぇっ!?」
「……」


膝の上からの問いかけ。
流石のSeeD司令官も返答に窮して,難問を投げかけた同僚に向け,更に怜悧な視線を投げる。

クッキー1枚でなんでこんな窮地に立たされなきゃなんねぇんだ!?

乗ることも反ることもできなくなったゼルは,助けを求めて周囲を見回すこともできず
横から伸びてきた小さな手が,クッキーをひょいと摘んで半分に割るのを呆然と見ていた。


「ゼルもリノアも。半分ずつで我慢しなさい。ね?」
「お,おう」
「はい」


ちっこくても『エルお姉ちゃん』やなぁ。
完全に傍観者を決め込んでいたセルフィが,こそりと安堵の溜息を吐いた。




***


推敲とは加筆のコトとは違うんだぜベィベー<セルフつっこみ( ̄x ̄;
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

すこぉる

すこぉるのとこには飛ばなくなりました(涙



お天気


-天気予報コム-

ブログ内検索

えふえふVII

お遊びその2

プロフィール

HN: 
はるか
HP: 
はるかのつぃったー

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析